読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神戸パティシエの日常

パティシエの日常

シフォンケーキの解説♪

◎まず卵黄と砂糖を白っぽくなるまで泡立てています。

f:id:walker08:20160824195829j:plain

これはどんどん卵が空気を含んで、色が白くなっているのです。 気泡を作ることによって口どけが滑らかになります。 何故かというと、気泡が多ければ多いほど粉などを混ぜたとき 全体に分散し易くなり、粉が細かく別れるからです

某有名店では、通常のケーキ屋さんでしている時間の 倍以上この空気を含ませる作業をしてなめらかにしていると聞きました。

◎次に牛乳とサラダ油を別々に温めてあわせています。 一緒に温めればいいんじゃないの?って思うかもしれませんが 牛乳は水分でサラダ油は油です。

いきなり合わせると分離してしまうので 暖めてから合わせています。

◎次にメレンゲを入れた後の混ぜ方ですが

f:id:walker08:20160824201352j:plain

この状態で泡立て器の上に生地をのっけます そして少し泡立て器を叩いて泡立て器の針金の間を通していきます

混ぜるとき泡立て器の全体を使います

f:id:walker08:20160824201622j:plain

持ち手に近づくほど針金の間隔が狭いですよね? 最初は泡立て器の先の方で大まかに混ざっていき、どんどん持ち手の方にいくにつれて細かくなっていくっていう混ぜ方です。

こうすると無駄に泡を潰す心配がありません(o^^o)

最後に二回ほどゴムベラでまぜます

◎次に型に入れます ここが少し難しいですね(笑) こぼさないように全体に入れていきます 多少ボコボコでもOKです。

f:id:walker08:20160824202343j:plain

↑生地をすべて入れたあと、真ん中の筒のようなとこをもって 押しながら回転させてください! 不思議なことに全体が同じ高さになります(o^^o)

この際、型を少し高いところから落としたりするのは 大事にしてきた気泡を抜いてしまうので やめた方がいいです。

◎その後に焼きますが焼いて膨らんでる最中に絶対オーブンはあけちゃだめです(笑) あけると膨らまなくなっちゃうんで(@_@)

焼きあがったら型を逆さまにして、冷ますだけです

生クリームなどとご一緒に(o^^o)

この生地ですが、水分が多い配合になっております 口どけがとても滑らかでとっても美味しいので是非!!

なにかあれば聞いていただけたら嬉しいです!(^^)/

良ければ押してください!→
パティシエランキングへ