読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神戸パティシエの日常

パティシエの日常

~誰でも作れるスポンジケーキの解説~

レシピ

共立てのスポンジについて、なぜこうするのか?という部分を解説していきます。

f:id:walker08:20170227143043j:plain

1、卵と砂糖を人肌(36℃)まで温めます。

なぜ温めるの?

①温めることで砂糖を溶かし全体に行き渡らせるため

②卵を温める事で泡立ち易くさせるため

以上の2つの意味があります。

注意!  温める際必ず泡立て器で混ぜながら行ってください。でないと、一カ所に熱がつきすぎて玉子焼になってしまいます。

2、ハンドミキサーで高速で泡立て最後1分ほど低速で混ぜる。

なぜ低速を1分するのか

①高速で泡立てることで、大きい気泡や小さい気泡等様々な大きさの泡があります。 その泡を低速で混ぜ、均一な大きさの泡にしています。

3、バターを一度60℃くらいまで温度を上げ、生地と合わせる

f:id:walker08:20170227143002j:plain

なぜ60℃まで上げるのか

①低い温度の溶かしバターでは少しトロトロしていて、混ぜる回数が増えてしまいます。 なので、少しでもサラサラですぐに生地に馴染むよう高い温度にします

4、焼く前に生地を10センチ程の高さから落とす

焼きあがったらもう一度10センチ程の高さから落とす。

落とす理由

①焼く前→中の大きな気泡を抜くため

②焼いた後→生地の中の暖かい空気と外の冷たい空気を入れ換え、しぼみにくくするため

いかがでしょうか?

わかりにくい部分はコメントを頂ければ更に解説させていただきます!

では最後までありがとうございました!